独り暮らしの防犯 ヘッダ画像

アルソック 一覧

ドアにアルソック付いてると早く出社しても開かない。下手に開けるとアルソックが来ちゃう。
アルソックにも規則がありますから、とりあえず入ってもいいとは立場上言えません。

守ってくれるアルソックが、なんだか社員に敵っぽくなることは確かにあります。
アスロックではありません。ソルロックでもありません。

実際なにかあったときに、素早くアルソックが登場すると、非常に心強い。
逆にずっと何年もなにごともなく平和でアルソックマンの姿を拝むこともなければ、黄色と青のシールのためにお金を払い続けているような気がして、寂しい。
そう思って解約したりすると、何かが起こるんですよ。
マーフィーの法則で。


アルソックの解除キーとパスモを間違えてかざし固まる人も多いらしい。

▼さっそくインターネットで無料パンフレットを請求!▼

まず第一に行動を起こすことが大切です。

アルソックの詳しいパンフレットは無料です。
早速請求してみましょう!

アルソックに電話するにしても、パンフレットが手元にあったほうが、ききたいポイントも伝えやすいし、ギモンも解消しやすいです。
なによりパンフレットを広げて家族みんなで相談できることがメリット。

あなたが電話してやり取りするだけだと、家族にはその気持ちが伝わりにくいものなのです。

▼さっそくインターネットで無料パンフレットを請求!▼

まず第一に行動を起こすことが大切です。

女性の独り暮らしは不安を考えるとキリがありませんね。
たとえ何も起こらないとしても心配は尽きないものです。

これから一人暮らしを始める予定だという方はいろいろと不安な事もあるでしょうが、特に一人暮らしで気をつけなければならない点を挙げてみましょう。


特に、女性の部屋選びはとても重要です。
第一にオートロックの物件を選ぶと、防犯の面からも安心です。
また、最寄り駅から部屋までの夜の近隣の様子をチェックしておくことも大事です。
実際、夜間に歩いてみることで、昼間には気が付かなかった街灯の暗さ、人通りの少なさに気付くことでしょう。


希望している部屋の上下、両隣に住んでいる人の様子を必ず不動産屋さんに確認しておきましょう。
夜の仕事をしている人の部屋が近くでしたら朝や昼間の騒音が問題になりやすく、学生ばかりでしたらその部屋が溜まり場になっている可能性もあります。

また、一人暮らしを始めてからは、なるべく外から中の様子が判らないようにしておきましょう。
部屋の中が外から覗けるような場所がないかチェックし、カーテンも厚手の物を利用しましょう。
女性の一人暮らしの場合には、洗濯物は外に干さないようにした方が無難ですね。


一人暮らしでよく問題になるのはゴミ問題でのトラブル。
近所から苦情を言われないように、きちんと分別をしてゴミ出しのルールはきちんと守るようにしてください。
実家暮らしだと当たり前にやっていたことも、一人暮らしになるとルーズになりがちなのです。

▼さっそくインターネットで無料パンフレットを請求!▼

まず第一に行動を起こすことが大切です。

吉田沙保里さんが3人も登場するすごいアルソックのCM。
壁に張り付いて目からビームを出す吉田沙保里さんのインパクトの強さは、夢に出てきそうなほど。

安心戦隊アルソックのCM

(動画はなくなりました)

▼さっそくインターネットで無料パンフレットを請求!▼

まず第一に行動を起こすことが大切です。

女性がひとり暮らしを始めようと思ったとき、両親はとても心配するでしょう。
若い女性でひとり暮らしなどなおさらです。
実際、事件も多いです。

オートロックは安心できません。だいたいの建物は、非常階段から入ることができるのです。


防犯面で親を納得させるにはホームセキュリティーを導入することも効果的です。

毎月数千円コストは掛かりますが、親御さんから見ると、警備会社がある程度(限度はありますが)守ってくれるという安心感はあるはずです。

ただ、アルソックなどに加入する場合や、防犯のための作業をする場合は、大家さんに必ず許可を取りましょう。

▼さっそくインターネットで無料パンフレットを請求!▼

まず第一に行動を起こすことが大切です。

このページの上部へ