ストーカーストーキングが度を超してきたら、どういう対抗策をとるべきでしょうか?

ストーキングというのは最初はわかるかわからないような微々たるものである場合が多いです。
ストーカーはだんだん社会的観念がなくなっていき、正常な精神を失い、興奮し、徐々にストーキングがひどくなり、果てには常につきまとわれるというケースも珍しくありません。

すぐに警察に相談するようにしてください。
警察は頼りにならないというひともいますが、命は守らねばなりません。
トラウマとなって一生残るような屈辱的な、取り返しのつかないトラブルが発生してからでは遅いのです。
そのまま放置してしまうとストーカーは攻撃的になり、大きなトラブルに発展する可能性も考えられます。

警察ができることは、マンションなど防犯カメラがあるところなら、管理人を通して録画をチェックしてストーキングを確認してくれるはず。
まず事実確認がされるだけでも対応は変わってきます。
ストーキングの場合、事実を他人の目で確認するところがひとつの山なのです。

警察もタイミングや体制によってはなかなか対応してくれないこともあります。
ときどきニュースで報道されますよね。
警察に通報していたのになにもしてくれず、結局事件は起こり、帰らぬ人となったというような...。

探偵に依頼するという方法もあります。費用はかかりますが、これは確実な手段です。

探偵なら積極的にストーキング証拠映像を押さえたり、防犯カメラがなければカメラの設置をしてくれます。
ストーカーのストーキングが度を超してきたら自分一人で抱え込まないこと。
自分の身を守るためには誰かに相談することが大切なのです。

▼さっそくインターネットで無料パンフレットを請求!▼

まず第一に行動を起こすことが大切です。